心理的なものではない|ストレスの症状が体に出始めたら危険信号!

ストレスの症状が体に出始めたら危険信号!

病院

心理的なものではない

女性

昔は、親の育て方や心理的なものが原因で、吃音が起こるといわれていました。吃音症というのは、「どもり」といえば分かりやすい人が多いかもしれません。最近では「どもり」という言葉は放送禁止用語になっています。心理的なものが原因ではないとしても、緊張したことが引き金となって吃音が普段よりもひどくなるということはありますが、根本的な原因でないことが判明されています。吃音の症状は主に2〜5歳の頃に出始めて自然と治ることが多いといわれています。それが治らずに、思春期や大人になっても続く場合があります。吃音の主な原因は、脳の構造や機能が問題であるといわれています。自覚する年齢になると、喋ることによるコンプレックスも大きいです。

自覚してしまう年齢になると、自分が他の人と同じことができないという悩みが出てきます。そして、何度も繰り返すことによって、シナプスにその回路が出来てしまいます。喋ることによって、また吃音が出てしまうという脳の反応を変えることも重要です。また、ゆっくりと落ち着いて話すことを心がけて、吃音の症状があることを隠さないというのも改善につながります。そして、一度でも上手く発音できた場合は、その場面を成功したということで覚えておいて、次も成功するかもしれないという自信へとつなげます。現在では、吃音治療が行える病院も増えているため、症状が改善されないようであれば医師に相談して治療を受けるとよいでしょう。