ストレスの症状が体に出始めたら危険信号!

医者

ストレスによる心の病気

女性

家族が一緒になってカウンセリングを受ける心療内科が、神奈川にあります。一緒にカウンセリングを受けることで、病気への理解が深まってきます。じっくりと時間をかけて直していくことが、重要なこととなってきます。

詳細を読む

心理的なものではない

女性

親の育て方や心理的なものによって引き起こる吃音は、小さい頃に自然と治る症状とされています。しかし、症状が改善されないという場合は、専門の病院があるため一度受診してみるとよいでしょう。

詳細を読む

日常生活に潜む精神疾患

看護師

注意すべき点

現代はストレス社会と呼ばれるほど多くの人がストレスを抱えています。生きていればある程度のストレスは付きものですが、あまりに溜まりすぎると様々な症状を引き起こします。イライラや落ち込み、不安などそこから病気になってしまうこともあります。単なるストレスだからと放っておくと大変なことになってしまいます。中でも代表的なのが、うつ病です。落ち込みが激しく憂鬱な気分になる、集中力や判断力がなくなる、好きなものにも興味を示さなくなるなどの症状があります。これらは周りからは甘えや怠けだと思われがちですが、真面目で責任感の強い人ほどなりやすいので要注意です。うつ病の他にもパニック障害や不安障害などもストレスが大きな原因で発症することがあります。

工夫で得られるメリット

精神疾患になってしまうと気分も絶望的になり、治らないと思ってしまいがちですがきちんと治療をすれば治ります。そこで重要なのが病院選びです。ストレスが原因で出てくる症状はイライラや不安など心の症状と、頭痛や腹痛、不眠など身体に出てくる症状があります。なので、心の症状が主な場合は精神科での治療になります。そして心が原因で身体に症状が出てくる場合は心療内科での治療になります。どちらも抗うつ剤や抗不安薬などの投薬治療で症状を和らげていくのが代表的な治療法です。身体の症状がある場合は胃薬や睡眠薬などの薬を併用することが多いです。また、カウンセリングなどで心を重点的に治療していく場合もあります。きちんと治療を受けてゆっくり休養すれば治るので、ストレスだからと甘くみないで辛い症状があるときは病院に行くことが大切です。

診断に優れた医師が多い

医者

交通の便がよい心療内科は東京に沢山あり、うつ病や統合失調症の診断に優れている医師が多いです。東京の心療内科を受診する際には、予約をしておくとよいでしょう。また、患者の様子をよく知る同伴者が一緒であれば患者も安心して受診することができます。

詳細を読む